tinderで会った30代男性がまさかの既婚者だった体験談

マッチングアプリ日誌

【数あるなかのマッチングアプリtinderで、多くの人と出会える】


普段の生活のなかでも受け付けの時や同僚との合コンなどで出会いもありましたが、いつもピンと来る男性には会えたことがありませんでした。

年齢を重ねるにつれて出会いもだんだんと減っていくとわかってから、信用はしてないもののマッチングアプリを登録するようになりました。それからマッチングアプリのシステムの面白さにはまってしまって、同時にいくつかマッチングアプリを利用していました。

それでもマッチングアプリの人と付き合ったことはありませんでしたが、何人かとデートもしたことがありました。みんな特別悪い人ではなかったのですが、遊び感が強いので付き合う真剣さが足りなくて恋にまで発展できませんでした。私は将来いつかは結婚して家庭を築きたいと思っているので、遊び感覚の男の子では物足りなかったのでデートどまりでした。

しかも私は将来安定した生活が送りたかったので、生活基盤ができている男性と出会いたい思いがありました。
その中でtinderというマッチングアプリは、有名大学や大手企業に勤めている人がたくさん登録していると聞いたことがあって登録してみました。

噂通りやっぱりハイスペックの経歴や仕事についている人が多く、「これは素敵な人と出会えるかもしれない!」とすごく期待。しかも男女ともに課金なしでメッセージを送れる気軽さから、男性の登録数も他のアプリに比較すると多いのでうきうきしていました。そんななかで私はそこまで顔がいいわけでもなく、ごくごく一般的な顔だちであまり印象に残る顔の作りではありません。

なのでマッチングアプリでの写真を見て、Likeしてくれる人がいるのかなあって思っていましたが、さすがtinder!すごく多くの人からLikeをもらうことができました。男女比が9:1ですから、そんなこともあるんだなあっと真に受けてはいませんがすごいアプリです。
そんな出会いの数が多いtinderでしたが、遊びたい人がいっぱいいるなかでひとり私がとても好印象に思った30歳代の男性がいました。

【好印象の男性は30歳代、彼と付き合ったなれそめは】

私は正直tinderでは、まともな出会いを期待していませんでした。噂も聞いていたし、なにより男性の反応がチャラいしすぐに遊びに行こうと言うので、遊ぶだけ遊んで付き合わずというのが大半。もとろん体の関係も求められることもあったので、そこは断固拒否。対等に断ることもできるように割り勘にだってしてるし、それは私にも拒否する権利がありますから。それはそれでtinderでの遊び方をしていました。
でもその中で、ひとりいつまでもたっても遊びに誘って来ない男性がいて、しかもごくごく普通のメッセージ内容。ほのぼのとした感じで、私は癒し系の彼のメッセージを楽しみにしていました。しかも彼は、消防士で筋肉もあり男らしい写真がアップされていて、イメージとメッセージのギャップに魅力を感じていました。
彼が私の地元付近で用事があるとのことで、少し会いませんか?と初めて言われたときはテンションが上がりました。やっとデートに誘ってくれたと思って、気合いを入れて服を選んだりお化粧を頑張ろうと工夫してみたり色々とワクワクしていました。他の人と違う彼との関わりは私は運命的に感じてたのだと思います。

彼との待ち合わせはカフェで、待ち合わせ時間の15分前にいくのが私のポリシーなので早めにカフェに向かいました。するとまもなくして電車からたくさんの人が出てきて、そのなかに彼がいるはずなのでそれらしい人を探していると連絡がきて落ち合いました。

彼は私よりも6つ年上で、写真よりも筋肉質でそれだけで好感度とテンションが上がりました。年よりも若く見え、黒ぶち眼鏡がまたおしゃれで私のひとめぼれスイッチが入ってしまいました。彼は用事もあったようなので、長居はしませんでしたが「次はちゃんとデートしようね」と帰り際に言ってくれたので、そこからの展開はとんとん拍子ですすんでいきました。

 

【付き合いはじめてから順調も、どこか違和感を感じ始める】


彼の住んでいるところは私の住んでいるところから、車で約1時間はかかってしまう場所でした。ですが、彼は休みのたびに会いにきてくれていたので私のことを大切にはしていくれていました。しかしそういったデートばかりが続いていて、さすがに申し訳なく思ってある日「今度は私がそっちに遊びに行くよ」と伝えると「遠いから僕がいくし、大丈夫」とのこと。

このやりとりを何回しても彼がそう答えるので、私が彼の地元にいくことが嫌なのかと聞いたこともありました。そして彼は私の親とは何度も会っているので、私も彼の親に挨拶が行きたいと伝えました。彼もしぶしぶでしたが約束をしてくれたので、私も今までの違和感が払拭できると思って喜んでいました。

手ぶらではいけないので、事前にお茶菓子を買って当日になって私の最寄り駅に向かおうとしたときに彼から連絡がきて「ごめん、両親ともに急に仕事が入って今日両親には会えなくなった」と。親には私が来ることは伝えていたものの、挨拶にくるとは伝えていなかったそうで仕事を入れてしまったと彼が言うのです。

仕方ないですが、私はそのとき怒ってしまってその日はもう彼とは会わないと言って家に帰りました。そのあと1時間後ぐらいに彼が謝りに家にきてゆっくり話し合うと「実は両親がコンプレックスで今は会わせたくない気持ちがある」とのこと。

父親は強情で身勝手な忙しい人で、母親は摂食障害やうつがあって頑張って仕事もしてリハビリ中であると打ち明けてくれました。私はそれは怒ってしまったことを申し訳なく思い、両親に会うことを急かさないことにしました。

【送る相手を間違えた彼の痛恨のミスで事実が発覚】

そういったケンカがあったあとも彼とは仲良くしていましたが、ある日1通だけ話が噛み合わない文章が送られてきました。「○○の習い事の迎えは俺が行ったらいいの?てか今度いつ参観日?」といったおかしな文章。

すぐそのあとに送る相手を間違えたと連絡がきましたが、それもおかしい話です。昼間だったので、その日の夜に聞きたいことがあると呼び出し問い詰めると実は結婚していて子供が一人いると暴露されました。そのときはもう付き合って1年半ぐらい経過していたので、驚きと怒りで突発的におしりを蹴飛ばしました。

彼とはその1発蹴飛ばしたあと、二度と会うことはなく連絡はきていましたが「次送ってきたら警察にストーカーで訴えるからな」と脅すと一切連絡してこなくなりました。本当にとんだ1年半を過ごしました。

タイトルとURLをコピーしました